がんになったら知っておくべき治療方法

ガンになった時の治療法

ガンのステージ

医療がどんどん発達していった今日、ガンは治すことができる時代になりましたが、それでもまだまだガンは難病と指定されています。
よく抗癌剤や手術を使わないで治す治療法が紹介される記事がたくさんあり、ガン細胞を死滅させることができたと書いてありますが、それはあくまでも活性化されてないガン細胞に効果があるのであって活性化したガン細胞には効果がありません。
活性化されてないガン細胞とは産まれたばかりの赤ちゃんみたいなもので健康な方であっても24時間生産され続けています。そして、そのガン細胞は活性化して体内で大暴れする前に白血球が退治してくれますので私たちは健康でいられます。しかし、何らかの要因で白血球が正常に動かなかったり、ガン細胞が過剰に生産されてしまったりして、活性化したガン細胞が誕生します。

良性腫瘍と悪性腫瘍というのがありますがどちらも通常の細胞より増殖スピードは早く、良性腫瘍は自分の住み良い環境に作り変えて増殖することが出来ないのである程度増殖したら止まります。しかし、悪性腫瘍は他の正常な細胞を次から次へと栄養を奪ったり、正常な細胞を悪性腫瘍に変えたりして無限に増殖することが可能です。そして、一般的にガンと呼ばれるのが悪性腫瘍です。
抗癌剤には強い副作用がありますがガン細胞はもともと正常な細胞を生成する段階で欠陥があって異常な行動を起こした細胞です。なので正常な細胞とガン細胞はもともと作りは同じなのです。故にガン細胞だけを死滅させる薬を作ることは難しく、どうしても強い副作用を伴ってしまうのです。

TOPへ戻る