がんになったら知っておくべき治療方法

ガンになった時の治療法

>

悪性腫瘍とは何か

喫煙、飲酒、食べ物

科学的にはタバコは様々なガンを引き起こす原因として証明されています。更にタバコを吸う習慣がなくてもタバコを吸っている人の近くにいるだけで副流煙により健康被害を引き起こします。百害あって一利なしのタバコは吸わない方がいいでしょう。
飲酒は口から喉にかけて、食道や大腸までガンになる可能性があり、アルコール分解の負担をかけてしまう肝臓や意外にも乳房まで様々な場所でガンを引き起こします。仕組みは酒に含まれるエタノールがアセトアルデヒドに代謝されて発ガンするそうです。さらに免疫力低下や偏食により栄養不足にもなりやすい。
実は食品でガンになることはあまりないらしい。ただし、ソーセージやハムなどの加工肉は大腸ガンを引き起こす可 能性があります。

肥満、感染、化学物質

肥満は膵臓、大腸、肝臓、食道、乳房、腎臓、子宮などにガンを引き起こすリスクを高めます。肥満になるとインスリンの分泌が制御できなくなり、過剰に分泌され、細胞の増殖によりガンになりやすくします。逆に痩せ過ぎても免疫力低下や抗酸化物質不足によりガンのリスクを高めます。
日本人は約20%が感染によるガンで引き起こす。C型肝炎、B型肝炎は肝ガンを引き起こし、HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸ガン、ピロル菌は胃ガンをそれぞれ引き起こします。他にも、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型)によるリンパ腫(成人T細胞白血病)、EBV(エプスタインバーウイルス)による鼻咽頭がんや悪性リンパ腫などがあります。
化学物質は発ガン性のある化学物質には120種 類があります。主に皮膚から鼻腔、喉頭、尿路までさまざまで特に多いのが肺である。


この記事をシェアする
TOPへ戻る