がんになったら知っておくべき治療方法

ガンになった時の治療法

>

薬剤による治療

化学療法

薬物療法を別名、化学療法とも呼ばれて抗癌剤などの化学物質を使って悪性腫瘍の分裂抑制、死滅させます。抗癌剤は全身に隈なく行き渡るので全身に転移した悪性腫瘍を破壊します。更に局所に注入して悪性腫瘍を死滅させる方法もあります。しかし、副作用は通常の薬とは比べ物にならないほど強く症状が出ます。だからといって外科療法では身体中に転移した悪性腫瘍を細かい所まで全て取り除くことができません。放射線療法で全身に当てるのは薬物療法よりもかなり強い副作用を出してしまいます。
なので外科療法、放射線療法、薬物療法のそれぞれの長所を生かし、短所を考慮して併用することによって出来るだけリスクを下げることにより、昔は治すことが難しいと呼ばれたガンを治療できるようになりました。

抗癌剤の種類

抗癌性抗生物質とアルキル化剤は短い作用時間でも効果がありますがもちろん副作用も強いです。分子標的治療薬は効果的にガン病巣に到達させるためガンのみを標的にして死滅させる薬で副作用も少ない。
抗癌剤の薬物有害反応が強いのは、正常な細胞とがん細胞の区別があまりできないからです。分子標的治療薬はガン細胞の分子のみを捉えて攻撃する薬で、乳がん、白血病、肺がんなどに効果が期待されています。
薬物の投与方法には、経口投与、静脈注射があり、ガンに直接投与することや中心静脈に投与することもあります。
溶解性や局所の血管への刺激性等といった薬物の特徴により、投与に工夫が必要なこともあります。
しかし、抗癌剤は強い副作用を伴う上、専門的な知識がなければ扱うことはできません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る