がんになったら知っておくべき治療方法

ガンになった時の治療法

>

抗癌剤とはどんなものがあるか

電子線、X線、γ線

放射線は電子線、X線、γ線、などがあり、陽子線、重粒子線も新しく研究しています。外科療法と大きく違うのは、体や臓器を切り取ることをしないという利点があります。しかし、欠点としてはガン細胞の種類によって治りやすさがかなり異なる上に治療の場所によって副作用も大きく異なります。
放射線療法は単独で治療することもあれば外科療法、薬物療法と他の治療と組み合わせて治療が行われます。全身に放射線を当てるのはリスクが大きいので全身療法は必ず薬物療法を用います。ガンによって神経を圧迫して痛みや痺れを緩和したり、ガンが転移した骨に当てて痛みを緩和したりという目的にも使います。なので治療、症状緩和の目的に合わせて照射期間と照射量を正確に見極める専門医が必要となります。

外部照射と内部照射

放射線の当て方には身体の内側から当てるか外側から当てるかで外部照射と内部照射に分けられて複合して施術をすることもあります。内部照射には密封小線源治療と非密封の放射性同位元素治療があり、身体の中に入れるため密封された放射性同位元素使用したり、放射性物質をカプセルに入れて飲み込むやり方があります。
放射線療法は複数のスペシャリストのチームで構成されて放射線治療医、医学物理士、診療放射線技師、看護師で行います。準備や流れとしてはまず、ガンがどこにありどのくらい進んでいるかをCTスキャンなどで調べて放射線の照射する場所、量、回数を綿密に打ち合わせして計画します。一般的には数週間に分けて一週間に五日の治療をします。副作用には症状と時期が人それぞれですが気力が出ない、疲れやすい、だるい、脱毛、かゆみなどの症状が起こります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る